金属探知機・セキュリティ器具の販売・レンタル、その他それらを用いた検査・警備など|ギャレットジャパン株式会社

金属探知機、X線探知機、アルコール検知器その他セキュリティー器具の販売、レンタル、警備のギャレットジャパン

ホーム ≫ ゲート型金属探知機PD6500iで両方向からチェック ≫

金属探知機オプション 「エントランスゾーンライトキット」

出入り口が一か所しかない場所で金属物の探知を行う場合の問題点

ゲート型金属探知機は、通常出口側でのみ、入場者が所持している金属物の位置を知ることができます。
ギャレット社のゲート型金属探知機PD6500iも例外ではなく、空港など入口と出口が明確に分けられており、同じ場所から出口として出ることができない場所に設置することが前提となっております。
しかし、出入口が一か所しかない場所で、入退出時に精密機械などの荷物の持出をチェックしたい場合もございます。
この様な場所で、通常の仕様でPD6500iを設置すると、退出時、逆方向において検査員が立って検知をしたい場合、検知音は聞こえるものの、退場者が持っている金属物の位置を確認することができません。

PD6500i入り口側の通常仕様では

pd6500i_02
PD6500の通常の仕様において、入口部分は通過することができる「進め」の緑色の歩行者と、通過することができない「止まれ」の赤色の手の平の2種類のライトが点灯します。

エントランスゾーンライトキットを使えば

PD6500iの出入口両方で、入退場者の金属物の位置を知るには、サイドパネルの黒い部分の中にある通常のライトの部品からエントランスゾーンライトキットに交換することで実現します。
エントランスゾーンライトキットは、以下の写真の通り、基板で構成されているため、弊社のスタッフが現地に伺い、交換作業をさせていただく形となります。

対応機種

お見積りをお待ちしております。

この商品のお見積りをご希望の場合は、「ご購入のお見積りはこちら」をクリック、タップし、設置場所をお知らせください。
折り返し、現地作業賃を含めた御見積書をお送りさせていただきます。

株式会社ギャレットジャパン

〒591-8002
大阪府堺市北区北花田町3-31-12

TEL. 072-253-6436
FAX. 072-254-2368

営業時間:9:00〜18:00
(但し電話応対は24時間)

定休日:土・日・祝日
(但しイベント等業務発生時は除く)

会社概要はこちら

モバイルサイト

ギャレットジャパン株式会社スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら